太陽光発電システム


太陽光発電システムについて

「太陽光発電システム」は、地上に降り注ぐ無限の太陽光エネルギーを受け、太陽電池モジュールが発電した直流の電気をパワーコンディショナーによって交流の電気に変換し家庭で利用するシステムです。
 日中は発電した電気を優先的に使用、余った電気は電力会社に売られていくシステムになっていますので、発電した電気を無駄にすることなく、電気料金も削減出来ます。もちろん夜間や雨の日など、発電電力が消費電力に満たない場合は不足分だけ電気を電力会社から購入します。これら一連の流れを全て自動で行なうため、今までの生活スタイルを変えることなく光熱費を節約することが出来るのです。
 さらに、太陽光発電モニタにより、現在の発電や家庭での消費電力の様子、売電/買電状況や節約効果を目で確かめることで、暮らしの中で自然と省エネを実施することができます。


太陽光発電システムの特徴



余った電気は電力会社に売却して収入に!
 発電電力が使用電力よりも多い時には、
 余った電気を電力会社に売り、
 足りない時には、不足分だけ買うことができます
 太陽光発電システムは、自動運転なので手間がかかりません
 もちろん、電力会社との電気の売買も自動です
 ※平成21年11月より、発電単価が従来の約2倍(48円)になったことで売電による収入が増えています!


太陽光発電の施工

◆スレート工法


働き幅182mm~227mmのスレート瓦(フルベスト、ニューコロニアル等)に使用します
スレート厚みが4.5mm~6mmのものに対応できます





◆支持瓦工法



 和瓦、平瓦等に使用できます。
 ご使用の瓦により適合するタイプが異なります
 (適合しない瓦もありますので、確認してください)





◆支持金具工法



 粘土瓦(和瓦、平瓦、S瓦等)に使用できます。セメント瓦には使用できません
 ・セメント瓦 : セメントと砂を主原料としている瓦。(使用できません)
 ・粘土瓦 : 粘土を主原料とし、焼き固めた瓦。(使用できます)
 ・セラミック瓦 : セメントと砂を主原料とし、焼き固めた瓦(使用できます)





◆金属屋根工法



 金属製(銅板葺きを除く)の横葺き、縦葺き、瓦棒葺き(心木あり・心木なし)の屋根に設置できます




◆H支持金具工法



 セメント瓦(モニエル瓦等)にも、対応できます。その他、粘土瓦(和瓦、平瓦、S瓦等)に使用できます




◆折半屋根・陸屋根工法



 折半屋根や陸屋根に対応できます